トップページ > 長州藩 > 攘夷クリスマス 長州旅行2011・序章

攘夷クリスマス 長州旅行2011・序章

2011年11月14日月曜日の昼休みの事でした。
猛烈にケンタが食べたくなり、会社の近くのケンタへ行ったら店内に竹内まりあがガンガンにかかってました。

イラッとしました。

次の瞬間脊椎反射でツイートしていました。

カッとなってやったツイート

カッとなってやったツイート

夷狄の祭りなど言語道断!
攘夷じゃー!攘夷クリスマスじゃー!!!
松陰先生ぇぇえぇええぇえええぇええぇええぇええええ!!!!
リア充爆発しろっ!
リア充爆発しろっ!
リア充爆発しろっ!
大事な事なので3回言いましたっ!
魔法使いな松陰先生ならきっとこの気持ち分かってくれる!
そうだ!お墓参りに行こう!
性夜 聖夜に松陰先生のお墓参りにいこう!
喪に服せっっっっ!

という訳で「攘夷クリスマス 長州旅行2011」と称して下関→萩→山口を旅行してきました。
とっても楽しかったのでレポをしたいと思います。

スケジュール

12月22日(木)夜のうちに羽田から飛行機で小倉入り。早朝、電車で下関へ。
12月23日(金・祝)下関 夜のうちに電車で萩入り。
12月24日(土)萩
12月25日(日)山口 当日移動。朝一で山口入り。夜、新山口に移動。
12月26日(月)朝一で新山口から新幹線で出勤。14時ごろ会社到着。

というスケジュールでした。
今の会社はコアタイム無しのスーパーフレックスタイム制なので出来る芸当です。
以前も仙台で野球見て翌日の朝、新幹線で出勤とかしてました。

小倉・山口の宿はビジホ。
萩の宿は大浴場があるビジホよりちょっと良いホテルにしました。

早くも想定外の事態が発生

脊椎反射で思い立った攘夷クリスマス長州旅行。
実は初長州でした。

なので史跡の距離感とかがさっぱりです。
一坂先生の高杉晋作を歩くを片手にTwitterでフォロワさんに色々教えて貰いながら計画を立てました。

しかも齢29にして人生初の一人旅。
更に極度の方向音痴です。
不安だと呟いていたらフォロワさんが現地ガイドをしてくださる事に!
下関で会うゆたさんが事前に地図と資料を送って下さって本当に助かりました。
ありがとうございました!

10日ほどでだいたいのルートも決まり、旅券の手配も済み、ホークスも日本一になってうかれポンチ状態だったところに衝撃の情報が飛び込んできました。

2011年11月24日 ゆうじさんから衝撃の情報が……

以降、阿部の代理は俊輔でお届けします

雪……だと……?

完全に盲点でした……。
東京生まれ東京育ちなので、雪なんて年明けなきゃ降らないって感覚なんですよ。
しかも計画してた11月は東京はまだ結構あったかかったんです。
以前ちょっと福岡に住んでた事あるんですが、福岡も結構あったかかったんですよね。
だもんで「つってもきっと大した事ないだろう。西日本だし東京より赤道近いじゃん」って思ってました。

が、徐々に東京も気温が下がり始めモリモリ不安が増して行き、出発2日前にユニクロでヒートテックを買いあさりました。
CMでやってた軽量ダウンをはじめ、インナー・タイツ・レッグウォーマーに腹巻きまで買いました。
あ、あと無印で耳あても買いました。

「これで万一の時も大丈夫!さーて当日の山口のお天気は?」と携帯で天気予報を見た所

天気が全日程ほぼ壊滅的

天気が全日程ほぼ壊滅的

全日程ほぼ曇りか雪でした。

最悪の天気予報に対して阿部が打った奥の手とはっ!?

いよいよヤバいとGKBRの阿部。
そこでハタと思い出しました。
最高のお天気アイテムを所持していたのです。
それは10月に世田谷の松陰神社であった幕末維新祭りに際し作成したアレですアレ。

松陰先生てるてる坊主

松陰先生てるてる坊主

松陰先生てるてる坊主です!
Twitterで「完全に吊ってる」と大好評だった松陰先生てるてる坊主です!

チャック付きのビニール袋に、潰れないようにたっぷりの空気と松陰先生をお詰めしてそっと鞄に忍ばせました。

ホワイトクリスマスなんざお天道様が許してもウチが許さねぇかんな!!

そして旅立ちの日

ウチの会社は制作班は自宅作業おkなので、出発日の22日は自宅で仕事してました。
出発2時間前に宅急便が届き、開けてみると最近知り合った非長州クラスタのフォロワさんからの小包でした。

中には数々の長州グッズが!

彼女の親戚の方が山口出身で、里帰りの際にわざわざウチのために山口土産を買って来てくださったそうです。

なんて素敵なタイミング!
松陰先生キューピー・高杉の家紋入りキーホルダーライト・高杉の写真がプリントされたボールペンなど装着出来るものは全て装着し17:30頃ウキウキで家を出ました。

いざ小倉へ

JALの飛行機

JALの飛行機

羽田空港で案の定迷い、出発カウンターを求めて1階を30分くらい彷徨いました。
出発カウンターは2階でした。

レストランで夕飯のハヤシライスを食べていざ小倉へ!
飛行機の中では一坂先生の「吉田栄太郎の幕末」を読んでました。

遅れもなく順調に北九州の空港につきました。
空港から小倉へはバスで移動。
なんとスイカが使えました。

小倉駅にはバス停が2カ所あるらしく、どっちで降りたら良いか分からなくてバスの運転手さんに聞きました。
バスの運転手さんはすごく優しかったです。

バスを降りると冷たい夜風。
あわてて耳当てを装着しました。

福岡移住から東京に戻ってきて以来、6年ぶりの福岡。
なんだかとっても感慨深かったです。

小倉駅からホテルまでは徒歩5分。
風に飛びそうな地図を握りしめ、暗い路地を進むとあっという間にあたりはガチな風俗街w
池袋と良い勝負。
ピンクな看板を横目にリコホテル小倉に到着。
23:30ごろでした。

ホテル隣接のコンビニで翌日の朝ご飯を調達。
この日は冬至?だったのかな。
フォロワさんが「今日中にカボチャ食べたい」ってツイートしてたのでカボチャプリンでも売ってたら食べたいなぁって思ったんだけど、残念ながら売ってませんでした。
久々にマンハッタンが食べたかったんだけどこちらも無くて。
梅のおにぎりと牛乳を買いました。

チェックインしたら即衣類を脱ぎ捨ててシャワー。
一人旅はコレが出来て便利だと気付きました。
床にパンツが転がってようが全裸でうろつこうが問題無し。

風呂から上がると松陰先生を窓辺にお吊るししました。
全裸で。

水引のリボンでちょっぴりお洒落

水引のリボンでちょっぴりお洒落

水引のリボンでちょっぴりお洒落させて差し上げました。

服を着て、家にメールし、テレビを見て早々に就寝しました。
久々に見る福岡のテレビが懐かしかったです。

攘夷クリスマス 長州旅行2011・下関に続く!

阿部マコトが開発する長州藩同人乙女ゲーム紹介サイトのバナー

ブログランキング参加中
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

攘夷クリスマス 長州旅行2011・序章」の関連記事

阿部マコト の紹介

1982年12月10日生まれ。東京都出身。現在は東京都を拠点に、オンラインゲームの画面デザイン・キャラクターデザイン・Web屋として活動中。携帯コミックの連載も一時期やってました。長州藩の三人党と新撰組の原田が好き。野球好きのホークスファン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

攘夷クリスマス 長州旅行2011・序章」へのトラックバック

トップページ > 長州藩 > 攘夷クリスマス 長州旅行2011・序章