インクジェットににじまない蛍光ペン「固形蛍光マーカー(1本150円)」を使い比べてみた

これがインクジェット用蛍光ペンだ!

これがインクジェット用蛍光ペンだ!

インクジェットプリンターで出力した文字の上に、蛍光ペンで線を引いて絶望した事はありませんか?
滲むんですよね。
ペン先も黒くなるし。
いちいちコピーを取りにいくのも面倒だし、かといってレーザープリンターを買うのも微妙。

国会図書館の近代デジラルライブラリーを印刷して線を引きながら読みたかったので「蛍光ペン」「インクジェット」「にじむ」でGoogle検索してみました。

するとステッドラー社の蛍光ペンならインクジェットでもにじまないとの情報が。
高校・短大とデッサンの授業が大嫌いだったので、ステッドラー社の名前を聞いただけで眉間が室井管理官。

どうやらこのインクジェット用蛍光ペンは「固形蛍光マーカー」と言うらしいです。
池袋のLOFTに行ったら他のメーカーからも出てました。
計3本あったので使い比べてみる事に。
値段はどれも1本150円(税抜)

早速、我が家のインクジェットプリンターで維新風雲談 : 伊藤・井上二元老直話を出力。
色や使い心地を試します。

プリンターはCanon MP610

プリンターはCanon MP610

プリンターはCanonのMP610を使用。
出力後2〜3分おいてから線を引きます。

amazonでインクジェット用蛍光ペンのレビューを読んだら「クレヨンのような使い心地」との事。
想像もつきません。

STAEDTLERの固形蛍光マーカー「Textsurfer gel(テキストサーファーゲル)」

STAEDTLER Textsurfer gel

STAEDTLER Textsurfer gel

Textsurfer gelを使った所

Textsurfer gelを使った所

まずは我が青春のトラウマSTAEDTLER社の「Textsurfer gel(テキストサーファーゲル)」から行ってみましょう。

キャップを開けてみるとびっくり。
ペン先太っwwwwww
透明感のある先の丸い直径8mmくらいのペン先。

さっそく線を引いてみるとペン先が削れる。
なるほど、これはクレヨンだわ。

にじみは普通の蛍光ペンよりはるかに軽減されています。

色は思っていたよりはるかに薄い。
ペン軸の様な鮮やかな色を期待していたのでちょっとがっかり。

OHTOの固形蛍光マーカー「Rouge(ルージュ)」

OHTO Rouge

OHTO Rouge

Rougeを使った所

Rougeを使った所

次、OHTO社の「Rouge(ルージュ)

こちらはまた更に太っといなぁ。
存在感がパネェwww
STAEDTLERに比べたらペン先の透明感がない。

平べったくて先端は山型にカットされています。
5mmくらいの線が引けます。

若干柔らかい印象で、削れてカスが結構でます。
ペン先が太いせい?

Sharpieの固形蛍光マーカー「GEL HIGHLIGHTER(ジェル ハイライター)」

Sharpie GEL HIGHLIGHTER

Sharpie GEL HIGHLIGHTER

Sharpie GEL HIGHLIGHTERを使った所

Sharpie GEL HIGHLIGHTERを使った所

最後はシャーピー社の「GEL HIGHLIGHTER(ジェル ハイライター)

こちらも太っといw
ペン先の透明感・柔らかさ・線の太さなど、全てにおいてRougeと大差ない印象。
カスは一番多いかも。
ペンのデザインはこれが一番すき!

結局どの固形蛍光マーカーが良かったのか?

おすすめはSTAEDTLER社の「Textsurfer gel(テキストサーファーゲル)」です。
他の2本に比べてカスがほとんど出ないのが決め手。

が、ぶっちゃけどれも大差ないです。

固形蛍光マーカーの難点

厄介なカス

厄介なカス

とにかくカスが厄介ですね。
カスを落とそうと手で払ったら線が引けちゃいました。
この辺もクレヨンっぽいです。

本に使用するのは避けた方が良いかも。
カスを取りきれないと反対側のページにつきます。

カスが服にもついちゃったんですが、洗濯で落ちるのかなぁこれ。

ペン先が太いのでなかなか狙った所に引けません。
ヒットするまで何度も引いたらちょっと黒くにじみました。
いくらインクジェットOKといっても限界はあるようです。

固形蛍光マーカーの良い所

インクジェットOKは本当でした。
プリントアウトしてからインクが乾くまで時間をおけば、よりにじまない印象です。
裏写りしないのも嬉しい。

クレヨンと違い、カスを奇麗にとりのぞけば線を引いた所をこすっても色が広がる事はありません。

固形蛍光マーカーまとめ

3本ともにじみの軽減度・色・描き味はほぼ同じです。
ペン先が削れて短くなったらペンのお尻をひねってスティック糊のように繰り出してつかいます。

固形のペン先を作っている会社は同じで、OEMで作られているような印象。
(STAEDTLERは透明感とカスの出具合をみると独自かも?)

個人の趣味でオレンジばかり買ってきましたが、他にも黄・緑・ピンク・青などもあるようです。

慣れるのに時間はかかりますが、使いこなせたら史料チェックにかなり便利だと思います。
見かけたら試してみてはいかがでしょうか?

コメントをどうぞ

実写るろうに剣心を観てきました

奇行の産物

奇行の産物

既に3回程みてきました。
そろそろネタバレも解禁だろうし感想を書いてみようかと。

1回目にみた後、あまりに興奮して真夜中にベタフラを引きまくるという謎の奇行に及びました。
和月先生のアクションシーンは永遠の憧れです。

冒頭の鳥羽伏見の戦いは、初っぱなからアクション全開で息止まりました。
今年のGWに現地に行って来たので開始2分で泣きそうでした。
錦の御旗が写った瞬間に心の涙腺が崩壊。
一時は朝敵にまで堕ちた長州兵はどんな思いでこれを見上げたんだろう。
久坂や入江、寺忠……有吉……来島のおっさん……栄太……宮部さん……数えきれない殉難の志士が脳裏に浮かんでもう……。
あとよくよく考えたら高杉ももう居ないんだよね。
全然るろ剣関係なくなりそうだから割愛。

斉藤の「これで終わりだとおもうなよ」にちょっと吹きました。
どこの三下雑魚キャラだよ!w
絵的にはすごく格好良かったです。
サイコメトラーJINEは原作通りの眼球でテンション上がりました。

観柳さまのねっとりとしたパイプさばきが素敵でした。
うさぎは生きてました。
白スーツトリオの見事な量産コンパチっぷりが良かったです。
ちゃんと名前ついてて良かったね。

恵さんはすっげーはまってました。
キャスト発表当初「イメージにあわない!」という意見を結構見かけたんですが、龍馬伝のおもとちゃんみてたので大丈夫だと思ってました。
原作だと恵さん大人なイメージでしたけど、設定22歳なんですよね。
もう恵さんじゃなくて恵ちゃんなんだな……。
剣心と2人で過去を語るシーンと観柳さまにボコられるシーンが凄かったです。
湯上がりも色っぽくて素敵でした。
直前の弥彦に「助けて!」って縋る必死な感じとのギャップがたまらんです。
原作では「情婦じゃないってのは本当よ」って言ってましたが少年誌だから出た台詞だと思います。
あの経緯ならむしろ関係あるほうが自然だよなぁ。

潜入してた警官は一瞬フルポン村上に見えました。

浦村署長は似すぎでした。

指名手配書の似顔絵が色々干してあったけど刃衛以外は誰なんだろう。
スタッフの似顔絵だったりするのかなぁ。

斉藤は台詞に三下感があったけど絵的にすっごい格好よかったので気になりませんでした。
キャスト発表時は師匠の方がハマるんじゃないか?って思いました。
原作の斉藤とは若干イメージが違いました。
けど、観柳さまに「警察は証拠証拠と言うが、俺は違う」と凄んだ時、リアル斉藤一(と言われてる)の写真に表情が似ててドキっとしました。
原作より積極的に剣心を気にかけてる感じがしました。
剣心は原作よりは斉藤に頓着してない感じで、2人の温度差がなんか良かったです。
牙突は完璧でしたw再現率パネェw
役者さんってやっぱりすごいなぁ。
悪即斬が聞けなかったのが残念ですが、キネマ版の通り小柄に彫ってありましたねwww
当然特注ですよね。
あの斉藤が刀匠に「悪即斬」って彫ってくださいって発注したのかと思うと微笑ましいです。

傷と巴さん・清里さんのエピソードがあって嬉しかったです。
追憶編のアニメが大好きなので。
清里さんがバイオハザードっぽくて生への執着が切なくて泣けました。
着てた羽織の紋が三つ巴だったのが凝ってるなぁって思いました。

弥彦は子供子供しててびっくりしました。
けどリアル10歳ってあんな感じですよね。
すごい可愛かったです。

薫ちゃんもめっちゃ可愛かったです。
唐突な「猫ちゃんだ〜!」に萌えましたw
道着も着物も可愛い////
心の一法にかかった時・解いた時が凄いリアルで圧巻でした。
苦しそうに、とりとめなく訴える感じもすごくリアルでした。
身長差あんまないぎこちないお姫様だっこが良かったですw
銀狼怪奇ファイルだか未満都市だかの堂本光一と宝生舞を思い出しました。
古い話ですみません。けど原作世代なら分かるよね?

須藤元気はすごく須藤元気でした。
K-1時代しか知らない上、MAXはそんなにまじめに見てなかったんで詳しくないんですが、それでも戦っている姿は懐かしかったです。
本人のヘブンキャラが劇中のキャラにも反映されてて「俺は菜食主義者だ」には盛大に吹きました。
あそこのお食事休戦がK-1のラウンドインターバルの雰囲気に似てて好きな演出ですw

外印は原作と大幅にキャラ違ってましたね。
蒼紫・般若・外印・縁のミックスな印象でした。
蒼紫出ないのはちょっと寂しかったんですが、本の間で戦う演出があって嬉しかったです。
恵さんに警告に来たシーンは「その格好で来て帰って良く捕まらなかったな?」って思いました。
アクションが格好よかったです。
フェンシングっぽく短刀ヒュンヒュン言わせながら一直線に攻めるシーンが好きです。

まさかの桂さん登場は見る前に知ってしまったんですが、思ってたよりあっさりとしか出てなくてショボーン。
同席してたのは高杉で良いんですか?
原作だと高杉じゃんか?
傍らに三味線くらいのサービスが欲しかったw

刃衛も滅茶苦茶ハマり役でした。
殺人狂より抜刀斎なりすまし願望が前に出てたのがちょっと残念。
「この感触、いいね」は映倫的にアウトなのかなぁ?
警察官大量虐殺とか龍槌閃喰らった後の血みどろ加減は充分R-15っぽいグロ加減だったけども。基準がわからん。
背車刀がリアルに見れて凄い興奮しました。
あれすっごい好き!
うふふ笑いはリアルだと悪目立ちしそうだなぁって思ってたんですが、うふふ笑いの持つサイケな雰囲気が台詞のニュアンスに上手い事織り込まれてて、やっぱり役者さんって凄いなぁって思いました。

剣心はもう今更陳腐な感想を並べる必要もないよね。
本当に奇跡のキャスティングだと思いました。
雨漏りにお椀は萌えました。
道場でのチンピラとの対決で、静かに一礼してから激しい殺陣っていう演出のコントラストがツボでした。
漫画であれをやろうとすると間延びするので、映像メディアならではですよね。
釈放前の斉藤との対決ですごい派手に吹っ飛んでましたね。
成人男子が普通あんなに飛びませんよ。どんだけ軽いの?萌えた。
剣術だけじゃなくて体術も沢山織り込まれてて本当にアクションが凄かったです。
牛鍋屋で観柳さまのスカウトを拒み続けるシーンは、背景に極太のゴシック体で「働きたくないでござる」って書いてある気がしましたw

あとはね……もう、この一言につきますよ。

ベタフラの使い道がありました

ベタフラの使い道がありました

剣心が袴から行こうとしたのは素敵だと思います。
脳内で瞬時にD・V・D!!D・V・D!!のコラ画像が完成しました。
観柳さまGJ!って思いました。
いいから黙って脱げよ!観柳さまの言う通りに脱げよ!
左之はもうすこし卵投げのタイミングを考えるべき。

とりあえず、何が一番言いたいのかっていうと「左之の褌が見たかった」って事です。

公開2週間で3回も見てるのは全て左之が天使すぎるせいです。

生卵飲み過ぎ。
始終はしゃぎすぎ。
物壊しすぎ。
バックドロップしすぎ。
乳首出しすぎ。
乳首出しすぎ。
乳首出しすぎ。
ダメだよ!隠して!出ちゃってる!見えちゃってるから!!☆貼って隠してあげたい//////

斬馬刀は出ると思ってなかったので嬉しかったです。
剣心との対決シーンがかわいくてかわいくて震える。
散歩で玄関出た瞬間の犬ってあんなテンションですよね。きゃわわ!!

もうね……ちょっとしたしぐさが滅茶苦茶左之なんです……。
観柳さまの私兵団を全滅させた後、屋敷に入る直前にちょっと蹴飛ばす様なしぐさをするんですが、あれがすげー左之っぽい。
格闘中の笑顔とか
ハッピ脱いでつばめちゃんに枕してあげたりするやさしさとか
ガニ股とか。
二次元に閉じ込められていた天使が遂に三次元に解き放たれたんだよ!
奇跡!なんていう奇跡!!
奇跡も乳首もあるんだよ!!

剣心との背中合わせはこれぞ少年漫画!って感じでぐっときました。

佐藤直紀さんの音楽はやっぱり素敵でこれを聞きに行くだけでも充分劇場に行く価値があると思います。
和風な作品に欠かせない音楽家だと思います。

セットの細かな作り込みも魂こもってました。
画面の隅々まで愛が詰まってた。

映像化してくださった大友監督に心から感謝。
京都編があると信じて、公開終了までせっせと劇場に通いたいと思います。
10回に1回位は左之と剣心が脱ぐかもしれないじゃない。

あ、忘れてた。
ガタはとりあえず剣心に顔近すぎ。手握りすぎ。
お前そんなキャラじゃねーだろw某伊藤かよww
どっちかってーと、部下を派遣して調べた剣心の動向を淡々とどん引きする程詳細に語り倒して口説くストーカータイプだろ?w
とりあえず唾とばさないでもらっていいですか?w

以上です。
長文おつきあいくださり恐縮です。
文才無くてすみませんでした。

コメントをどうぞ

手のポーズ集・素材集を買ってみた

手の素材 使用例

手の素材 使用例

最近、仕事でもキャラクターの絵を描いてます。

仕事絵はスピードを求められるので、使えるものは使った方が良いだろうと手のポーズ集・素材集を買ってみました。

趣味でも使う気満々なので経費で買わず自腹ですw

早速、長州藩乙女ゲームに使う、長州藩儒の山県半蔵さんの立ち絵で初使用。

  1. ポーズのイメージを描く
  2. 日野新撰組まつりで撮影した写真をコピペ
  3. 以前描いた長州漫画から顔をコピペ
  4. 手の素材を選ぶ
  5. 手のサイズ・角度を整える

あっという間にあたりが完了です。
ここまで10分!便利すぎる!!

ペン入れ得意な人なら、これでしちゃってもOKだと思います。
ウチはほぼ完成レベルまで下描きを決め込まないとダメなので、ここから下描きに入ります。

買ったのは以下の2冊。
両方に画像データCD-ROMがついています。

そのまま使える手の表情700
そのまま使える手の表情700

人体パーツ素材編集制作部,廣済堂出版
価格: ¥1890

マンガ家と作る萌えパーツデッサン集 【手】
マンガ家と作る萌えパーツデッサン集 【手】

スカーレット・ベリ子,新書館
価格: ¥2520

本屋で内容を見比べて買いたかったんですが、置いてなかったので、博打覚悟でamazonで2冊買いしました。
ちょっと不安だったんですが、どちらも買って損はない充実した内容です。

2冊のコンセプト?用途?が微妙に違うので、本当は見比べて買うのが正解だと思います。
ただ、池袋のジュンク堂でも両方とも置いてなかったからどうかなぁ……。

参考までにレビューを書いてみました。
自分に合いそうな方を選んでみてはいかがでしょうか?

【素材集】そのまま使える手の表情700

そのまま使える手の表情700

そのまま使える手の表情700

jpg・eps・psdデータが収録されています。
全700点。

基本、1ポーズ1アングルのみ。
シチュエーションがびっくりするほど豊富。

psdは300dpi・10cm四方で背景透過。
これ以上のサイズが欲しいときはepsを書き出せば良いかと。
充分な解像度があるので、タイトル通り本当に「そのまま使える」のがいいです。

武器あり・武器なしの格闘シーンの解説つき。
ハンガーヌンチャクとか邪気眼とか一生使わなそうなラインナップもありw

amazonで購入する

【ポーズ集】マンガ家と作る萌えパーツデッサン集 【手】

マンガ家と作る萌えパーツデッサン集 【手】

マンガ家と作る萌えパーツデッサン集 【手】

jpgデータのみ。
72dpi・550×800px程度。
12ポーズを360°を30°刻みで複数アングル収録。

トレースOKのポーズ集。
素材集ではないので、データをそのまま使うのはNG。
ブラウザでサクサクプレビュー出来るhtmlファイルがついてて便利。

ポーズ数は少ないですが、1つのポーズを複数アングルから見れるので勉強になります。
30°刻みなので、描きたい絵の構図になじむポーズがみつけやすく、汎用性が高いです。

amazonで購入する

コメントをどうぞ

るろ剣実写映画の感想を一言で言うと

感想を一言で言うと

感想を一言で言うと

あとでちゃんと書きます。

コメントをどうぞ

GW旅行レポ08【1日目】4月28日(土)「鳥羽伏見戦跡」

鳥羽伏見戦跡の碑

鳥羽伏見戦跡の碑

城南宮を出て、旧幕府軍と薩摩軍が対峙した地点へ向います。
城南宮の案内板にあった通り城南宮から南南西に500メートル進むと、碑と案内板が建っていました。

小枝橋の北側に新しくできた新橋

小枝橋の北側に新しくできた新橋

このあたりにあった小枝橋を旧幕府軍が渡ろうとし、薩摩軍が阻止したのが衝突の発端だそうです。

東京に帰ってから調べたところ、残念ながら小枝橋は平成14年に撤去されました。
北側に新しく新橋ができたのが理由だそうです。

碑の南側

碑の南側

碑の南側をみると土手が続いていました。
そういえば、るろうに剣心で鳥羽伏見の描写で土手が出てきてたような。

あっちのほうから旧幕府軍が進軍してきたのか……と、暫くの間しんみり。
歴史の分岐点に立ち会った両軍の人達はここでどんな風景を見たのかなぁって。

旧幕府軍は2万、薩摩・長州連合軍は5千。
でも連合軍には新式の武器があって、こんだけの人数差がなんのハンデにもなんなかったんだ。

日本から最初に侍が消えたのがこの場所なんだなぁ。

鳥羽伏見戦跡の地図


より大きな地図で 【京都】幕末史跡 を表示

コメントをどうぞ

GW旅行レポ07【1日目】4月28日(土)「城南宮」

午後はまず最初に鳥羽伏見の戦いの開始地点と激戦地を見に行く事になりました。
桃山御陵前から電車で竹田駅に向います。

出発前はノーチェックだったので竹田からの道が若干不安。
iPadをを片手にGoogleMap+GPSでなんとか城南宮に到着。
道自体は単純で30分はかからなかったような……。

遮蔽物が無く、日差しが厳しかったです。
GW〜夏場に行く時は駅で日焼け止めを塗り直しといたほうが良いかも。

鳥羽伏見の戦い開始地点「城南宮」

城南宮の鳥居

城南宮の鳥居

城南宮は鳥羽伏見の戦いで長州軍が布陣していた場所です。
城南宮道の東側から入り、茶室を通り抜けると鳥居がありました。

城南宮の廊下

城南宮の廊下

鳥居を抜けると、奇麗な赤茶色をした壁と建物が見えてきます。
城南宮に繋がる廊下かな?

城南宮

城南宮

戊辰戦争の第一戦目、鳥羽伏見の戦いはここからはじまりました。
旧幕府軍は鳥羽街道を北上して京に向う計画をたてます。

慶応4年(明治元年)1月3日の夕方。
旧幕府軍は城南宮から南南西に500メートルの地点で薩摩軍と対峙。
強硬突破の構えをみせます。

薩摩軍は城南宮の参道に大砲を据えて発砲し先制。
城南宮に布陣していた長州軍も加わり戦闘開始。

同時に伏見の御香宮周辺でも長州・薩摩・土佐などの連合軍と旧幕府軍が衝突し激戦がはじまりました。

4日に錦の御旗が御所を出陣し南下。
新政府軍が官軍になり、士気があがりました。

5日には錦の御旗は鳥羽街道を更に南下し、旧幕府軍は淀・八幡に退却。
新政府軍が初戦を制しました。

鳥羽伏見の戦いの案内板

鳥羽伏見の戦いの案内板

幕末・長州好きと言いますが、高杉没までしか知識がないので戊辰戦争はあまり詳しくありません。
鳥羽伏見の戦いも学校の授業では名前しか出てこなかったし、るろうに剣心と前日に新幹線で読んだ五稜郭を落とした男で概要を把握している程度でした。
もう少し知識をつけたら、改めて来たいですね。

城南宮の地図


より大きな地図で 【京都】幕末史跡 を表示

コメントをどうぞ

GW旅行レポ06【1日目】4月28日(土)「伏見桃山で昼食」

丹波口から伏見へ移動

午後はきさらぎさんと伏見を観光するので電車で伏見へ向います。
丹波口駅についた時点で11:30近くなっていました。

乗り換えは、丹波口→京都→桃山御陵前というルート。
30分位かかったかな?

伏見方向へは経路がいくつかあり、京都駅を出る時間によっては桃山御陵前より伏見桃山の方が早い場合もあります。

今回はお昼を一緒に食べるのでお店が沢山ある伏見桃山駅集合でした。
鳥羽伏見の戦いの激戦地だった城南宮あたりを見たい場合、京都方面から来るなら桃山御陵前の2つ手前の竹田駅で降りた方がいいです。

伏見桃山駅で待合せ

きさらぎさんとはTwitterで知り合い、よくお話していたんですが会うのはお初でした。

桃山御陵前から歩いて3分位の伏見桃山駅で待ち合わせ。
地元の秋津・新秋津みたいな感じで、どうせこの距離なら合併しろよって感じw

伏見桃山駅は改札がひとつなのですんなり合流できました。
駅周辺はアーケードつきの商店街になっています。
ご飯やさんも沢山あるので食べる所には困らなそう。
この日の夜も近くの居酒屋を予約してありました。

ダイニングバー agio iichan.chi(アージョイイチャンチ)

agio iichan.chiというランチもやってるオシャレなダイニングバーがあったので入ってみました。
ウッド調の内装でテーブル席の他、広めのソファ席があってかなりいい雰囲気でした。

ランチはパスタとピザがメインなのかな?
イタリアンが得意なお店みたいです。
味も美味しかったです♪

パスタを食べながら午後のルートを相談。
テーブルも広くて地図と本を広げても大丈夫なのが嬉しかったです。
伏見巡りの作戦会議にオススメのお店です。

agio iichan.chiの地図


大きな地図で見る

コメントをどうぞ

GW旅行レポ05【1日目】4月28日(土)「角屋」

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館

今度こそ開いてました角屋。
島原の揚屋で長州にも新撰組にも縁があるお店です。

明治5年まで揚屋として営業していたそうです。
現在は「角屋もてなしの文化美術館」として保存・公開されています。
一部エリアをのぞき、写真撮影が可能です。

今回の旅行はゲームの背景のロケハンが第一目的だったので、ここが目的だったと言っても過言ではありません。

「長州藩志士久坂玄瑞の密議の角屋」の碑

「長州藩志士久坂玄瑞の密議の角屋」の碑

美術館の入り口からちょっと北に歩くと「長州藩志士久坂玄瑞の密議の角屋」と書かれた碑があります。

このあたりは新撰組関係の史跡が多いので、久坂は良くこんなとこに出入りしてたなぁと思ったんですが、久坂が出入りしてた時期と新撰組がはばきかせてた時期は微妙にズレてるっぽい。

営業中だった頃の中戸口

営業中だった頃の中戸口

中戸口の手前を右に曲がるとお店の入り口です。
POPな色使いがとってもかわいいです。

店内の壁もこんな感じのピンクや藍色の砂壁とパターン柄のデザインですっごいかわいい!
柱が黒っぽいので派手すぎず締まった印象。
超ツボなデザインでした。

角屋の暖簾

角屋の暖簾

暖簾もかわいいですね。
中戸口の向かい側の日陰に展示してあります。

冷蔵庫

冷蔵庫

揚屋の条件・定義というのが3つあって

  • 台所があって料理を自前で用意出来る
  • 広い庭に茶室がある
  • 太夫や芸妓を抱えていない

という事だそうです。

なので台所の他に食料を貯蔵する冷蔵庫もありました。
地下に穴を掘って石をしきつめて石室みたいになっています。

当然電気なんかないわけで、食材の保存難しそうだなぁと思ったんですが、近寄ってみるとびっくりするほど空気がひんやりしていました。

台所

台所

こちらが台所。
結構広いです。
かまどは大きいのが5基、小さいのが2基あります。

奥には水道の蛇口がありました。
いつごろ引かれたものなんだろう。

帳場

帳場

台所のすぐ横が帳場です。
凄い広い!

番台の奥にはお客さんの刀をしまっておく刀箪笥がありました。
今で言うロッカーですね。
最初は入り口脇の刀掛けにかけておいて、後で刀箪笥にしまうそうです。

こういうお店って大小両方預けるのかな?
刀箪笥の中の仕切りが大刀用っぽかったんだけど。

番台と反対側のスペースには資料や当時使用されていた道具の展示がされていました。
壁に奇兵隊関係だったかな?なんか長州系の史料があったと思うんですが、行ってからこれ書くまでに時間が経ちすぎて忘れましたorz

撮影OKだったのですごく沢山写真をとったのですが、あんまり載せすぎても行く楽しみがなくなると思うのでこの辺で。
ほかにも箱階段・新撰組の芹沢さんが暗殺直前に宴会をした広間・新撰組隊士がつけた刀傷なんかもあり、とにかく見所満載です!

広間ではガイドの方が15分くらい解説をしてくださいます。
畳に座ってお庭をみながら拝聴しました。
分かりやすくて大変勉強になりました。
お庭の眺めも素敵でしたよ!
地に伏す龍のような松が生えていました。

二階は1日4回・人数限定で公開されています。
スケジュールは角屋のホームページでチェックできます。
今回は時間の都合で見れなかったので次に行った時は二階も見てみたいです。

角屋の地図


より大きな地図で 【京都】幕末史跡 を表示

コメントをどうぞ